二日酔いを防止する 水素水 

二日酔いを防止する 水素水

飲んだら飲む、飲む前に飲む 二日酔い対策には、水素水

飲み会が多くなる時期になりました。

 

お酒を飲む機会が多くなると、肝臓が弱りがちになるので、肝機能を高めるドリンクのテレビCMなどが、放映されますね。
有名な名前として良く聞くのは、ヘパリーゼです。

 

しかし、水素水のほうが、二日酔い対策としては効果があります。

 

知られざる、水素水のパワーです。

 

私たちが二日酔いになるメカニズムは、アルコールが体内に入ってから肝臓で分解されますが、その時に、毒性の強い「アセトアルデヒド」という物質が出来てしまいます。

 

もちろん、私たちの身体には、アセトアルデヒドを分解する酵素や物質があるのですが、お酒を飲みすぎると私たちの身体が持っている処理能力を超えてしまい、アセトアルデヒドが体内に溜まり、頭痛や吐き気が症状として現れるのです。

 

このアセトアルデヒドの分解能力を高めるには、水素がとても有効だということが言われています。

 

水素水に入っている水素は、世界で一番小さな分子。その小ささ故に、身体の隅々の細胞の中まで行きわたり、身体の中からすべての細胞を活性化してくれます。

 

もちろん、肝臓の細胞にも働きかけてくれて、アルコールの分解能力を高めてくれます。
二日良い対策としては、とても良い働きをしてくれます。

 

 

また、水素には、お酒を飲んだ時に増えた活性酸素も除去してくれます。
その活性酸素は、お肌の細胞も傷つけてしまうので美容の大敵ですね。

 

でも、水素水があれば大丈夫です。

 

 

問題は、お酒を飲む時に、いつ水素水を飲むかということですが。

 

私は、飲む前と、飲んだ後をおススメします。

 

 

お酒を飲む宴席が始まる前に水素水を飲んで、宴席が終わって自宅に帰ったら水素水を飲む、このパターンが良いです。

 

会社など職場から宴席の場所に直接行く人は、バッグなどちょっとしたスペースにいれて簡単に持ち運べるものが良いですが、そのような場合には、仙寿の水が良いですね。1パック250mlと1回で飲み切りやすいです。

 

私は、この方法で、二日酔いになる事が、グッと少なくなりました。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ