水素水の短所とは?

水素水の短所とは?

水素水の短所とは?

水素水には、私たちが生きていくうえで必要不可欠となる細胞組織のなかの、ミトコンドリアが作りだすエネルギーとともに発生する活性酸素を、体外に排出するという効果があります。

 

活性酸素の中でも、身体に良い働きをする善玉活性酸素には反応せずに、細胞や身体を傷つける美容や健康老化の原因となる悪玉活性酸素にだけ反応するという、とても素晴らしい特性を持っています。善玉にはスルーし、悪玉だけをやっつけるというとても都合よい仕事をします。

 

また、水素水は、飲みすぎたら、摂取しすぎたら悪影響があるといったこともありません。

 

 

このような、とても良いことだらけの水素水ですが、一つだけ短所があります。

 

水素水を飲むときに、唯一の欠点は。

 

 

 

 

水素水を飲むと、尿が出やすくなるということが多く報告されています。

 

なぜ、尿が多く出るようになるのかという原因は、残念ながら解明されていません。

 

推測では、水素水の中の水素が、腎臓の働きを良くするからではないかとも言われています。

 

 

従って、長時間にわたり、トイレに行けないときは、水素水の摂取は控えたほうが良いでしょう。

 

 

 

また、水素水を多く飲むことにより、血液循環が良くなり、尿が多くなるという推測もあります。血液循環が良くなることで、血中にある疲労物や老廃物が尿や汗で体外に排出されます。老廃物がなくなって綺麗になった血液は、更にスムーズに体内を流れます。すると、血液乗って流れるリンパの流れが良くなり、顔のむくみや手のむくみ、足のむくみがなくなっていくという事が、水素水を飲んでいる人から口コミとして多く寄せられています。

 

 

 

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ